本文へスキップ

The Society for Oita Medical Conflict Management

活動報告report

合同記念講演会  平成25年12月21日(土)

新しく完成した「ホルトホール大分」において、大分県医療コンフリクトマネジメント研究会と日本医療メディエーター協会大分部会開設との合同記念講演会が開催されました。

当日は、日本医療メディエーター協会大分部会の開設記念式典も行われました。

合同記念講演会のポスター

 
日本医療メディエーター協会大分部会開設記念式典
森 照明 大分部会長挨拶
 
              記念講演:「支部活動から大分部会に期待するもの」
               講師:日本医療メディエーター協会 九州支部長
                    国立病院機構長崎川棚医療センター 院長  宮下 光世 先生 
 
はじめに、日本メディエーター協会のこれまでの歴史と現状について紹介されました。さらに、九州支部長として
大分部会においては、より地域に密着して医療メディエーションの実践のための活動を期待しているとのお話しをして頂きました。
   
特別講演:「医療メディエーションの可能性             
            −患者との認識ギャップをどう埋めるか:医療メディエーションの考え方−」
講師:日本医療メディエーター協会 代表理事
             早稲田大学大学院法務研究科 教授    和田 仁孝 先生

本研究会の開設記念講演会に引き続き、今回も大変お忙しい中、大分に来て頂きました。
@医療メディエーションとはなにか、A苦情や事故対応だけでなく日常のコミュニケーションモデルとしての意義、B医療メディエーション養成の広がりと今後の可能性などについて、とても分かりやすく講演をして頂きました。
  
年末にもかかわらず、100名を超える方が参加され、熱心に講演を聴かれていました。
当日は参加者全員に、講師の先生から頂いた講演要旨や大分大学医学部附属病院の岐部千鶴副看護部長による医療メディエーターについての解説などを載せた講演抄録集をお渡ししました。

事務局

〒870-0192
大分市西鶴崎3丁目7番11号
大分岡病院内
TEL:097-522-3131
 岡田(内線:645)
 栗秋(内線:859)
 佐藤(内線:829

kinenkouen20131221.pdf へのリンク